Map‐地域で探す‐

北は北海道から南は沖縄まで、全国各地にあるワイナリーを地域別に検索できます。
目的のワイナリーを検索する際に、ご利用ください。

 
 
エリアで探す
 

渡島

株式会社はこだてわいん
株式会社はこだてわいん

1973年に、はこだてワインの前身「駒ケ岳酒造」が誕生しました。
“北の大地「北海道」の企業として、常に「開拓者」であることを意識しつつ、
日本人の味覚に合う「日本のワイン」を目指しています。”

オフィシャルHP:
http://www.hakodatewine.co.jp/

農楽蔵
農楽蔵

2012年に函館山の麓に生まれたワイナリー。「のらくら」と読みます。
”造るワインのスタイルを絞り込み、徹底的に設備をコンパクトにすることにより、「街なかワイナリー」を実現しました。“一つの農法に固執することなく畑に合わせて臨機応変に対応しています。

オフィシャルHP:
http://www.nora-kura.jp/index.html

檜山

富岡ワイナリー
富岡ワイナリー

1976年から地元で愛されているワイナリー。
乙部町は雨が少なく、比較的温暖な気候なので葡萄栽培に適しています。
ヨーロッパ系品種と山葡萄を自家農園で栽培しています。

オフィシャルHP:
http://www.hakodatewine.co.jp/company/

奥尻ワイナリー
奥尻ワイナリー

奥尻島は北海道の西南部に浮かぶ島です。対馬暖流の影響で北海道本島より暖かい、また潮風を強く受けることから出来上がるワインの様子が少し異なっています。

奥尻島の土地に合う栽培方法を探求しながら、体にやさしい美味しいワイン造りに取り組んでいます。

オフィシャルHP:
http://okushiri-winery.com/

その他

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。
エリアで探す
 

上川

富良野市ぶどう果樹研究所
富良野市ぶどう果樹研究所

1972年に農業振興を目的として設立された研究所。
北海道の風土に適した葡萄栽培や品種開発を研究しています。

オフィシャルHP:
http://www.furanowine.jp/

その他

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。
エリアで探す
 

石狩

八剣山ワイナリー
八剣山ワイナリー

北海道百名山の一つ「八剣山」の麓にあるワイナリー。水はけのよい砂礫質の扇状地に畑は位置します。
地域の農産物を生かしたワイン造りを行っています。
林檎からできたお酒シードルやフルーツジャムも生産しています。

オフィシャルHP:
http://www.hakkenzanwinery.com/

千歳ワイナリー グレイスワイン
千歳ワイナリー グレイスワイン

1988年に中央葡萄酒(山梨県)の第二ワイナリーとして北海道千歳に設立されました。
冷涼な北海道に合わせてピノ・ノワールやケルナーなど比較的耐寒性の強い葡萄品種を使用し、
芳醇で香り豊かなワインを造っています。ハスカップから造られたお酒も人気です。

オフィシャルHP:
http://www.chitose-winery.jp/

さっぽろ藤野ワイナリー
さっぽろ藤野ワイナリー

3人の姉弟で創業したワイナリー。
今は亡き弟さんが“できるだけ農薬を使わずにぶどうを栽培して体に良いワインをつくってみたい。”と言ったことから始まりました。
自社農園と契約農家で栽培される葡萄を酸化防止剤を最小限に抑え、無濾過、天然酵母を使用し醸造する自然派ワイナリーです。

オフィシャルHP:
http://www.vm-net.ne.jp/elk/fujino/#p1

ばんけい峠のワイナリー
ばんけい峠のワイナリー

農業ビジネスを研究開発している有限会社フィールドテクノロジー研究室が運営するワイナリー。
北海道の食文化、ワインやシードルの新たな楽しみを発信する醸造所。
酸化防止剤を使わない無添加ワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.h5.dion.ne.jp/~winery/

空知

10R winery
10R winery

“10R(トアール)はカスタムクラッシュワイナリー(受託醸造所)です。
北海道産の葡萄だけを原料に、高品質のワイン造りを目指しています。”

カスタムクラッシュとは栽培家が葡萄を持ち込んで醸造、貯蔵熟成、ボトリングを行う施設のこと。


オフィシャルHP:
  http://www.10rwinery.jp/

マオイワイナリー
マオイワイナリー

2006年に会社創立。葡萄園とワイン工場をもつ小規模なワイナリー。
日本の山葡萄とカベルネ・ソーヴィニヨンの交配でできたヤマソーヴィニヨン主体のワインを醸造しています。
社名のマオイはアイヌ語で「ハマナスの咲く丘」という意味です。

オフィシャルHP:
http://maoiwinery.com/

うたしないワイン
うたしないワイン

歌志内太陽ファームが運営するワイナリー。
かつて露天掘り炭鉱があった場所を開墾して葡萄園を拓きました。現在でも石炭交じりの土が点在し炭鉱時代の名残があります。葡萄栽培に適さない石炭ですが、それでこそ挑戦し甲斐があるとのこと。フラッグシップワインは石炭の俗名「ブラックダイヤモンド・テロワール」です。

オフィシャルHP:
http://www.taiyogroup.jp/utashinai/

TAKIZAWA WINERY
TAKIZAWA WINERY

北海道のワインに大きな可能性を感じて2004年、北海道三笠市に開墾したことから始まりました。
2013年に念願のワイナリーが完成しました。

“自然の持つ力を極力引き出し、力強い、 生命力を感じるワインづくりを目指し、日々、模索しています。”

オフィシャルHP:
http://www.takizawawinery.jp/index.html

宝水ワイナリー
宝水ワイナリー

かつて野の沢と呼ばれた地が、水田拡大のためのダム建設により一部水没しました。
ダム湖は「宝池」と呼ばれ、その水は岩見沢市の稲作の礎に。
新しく移り住んだ土地の名を、宝の水を生み出したということで「宝水町」と名付けました。

ワイナリーは2002年岩見沢市の補助事業として「岩見沢市特産ぶどう振興組合を立ち上げたことに始まります。“テロワールが溶け込んだ、手工芸のワインを。”がコンセプトのワイナリーです。

オフィシャルHP:
http://housui-winery.co.jp/

KONDOヴィンヤード
KONDOヴィンヤード

2007年、北海道三笠市に「タプ・コプ農場」を拓いたことから始まりました。
2011年には岩見沢市に2つ目の「モウセシ農場」を拓きました。

タプ・コプはアイヌ語で「盛り上がった丘」、モセウシは「イラクサが多いところ」という意味があります。

“ぶどう自身にとって、健康で、快適な環境で育てられたものであるかどうか。”ということを気にかけながらシンプルな栽培を心がけています。また様々な品種を混植するという珍しい栽培も試みています。

オフィシャルHP:
http://www10.plala.or.jp/kondo-vineyard/index.html

山崎ワイナリー
山崎ワイナリー

北海道で四世代続く農場がワイナリー事業を始めました。
除草剤、化学合成肥料不使用。葡萄のストレスを軽減させるためクラシック音楽を畑に流す試みを行っています。
ワインラベルの5枚の花弁は家族5人の指紋でデザインされています。

オフィシャルHP:
http://www.yamazaki-winery.co.jp/index.html

ナカザワヴィンヤード

2002年から夫婦2人で北海道岩見沢に小さな葡萄畑を拓きました。
ドイツ系白葡萄とピノ・ノワールを栽培しています。
看板ワイン「クリサワブラン」は岩見沢市に合併された栗沢町から命名。

“できるだけ自然に任せ、手を出すのは最小限にとどめる”がモットーです。

オフィシャルHP:
http://www.nvineyard.jp/index.shtml

後志

北海道ワイン株式会社
北海道ワイン株式会社

1974年に山梨県出身の嶌村彰禧氏が北海道の地に夢を抱いてクワを入れたことから始まりました。
適地適作を方針に北海道の冷涼気候に合う白葡萄品種を主として栽培、醸造しています。
大切に育てられた葡萄を愛情込めてワインにする。自然と人間の共存をコンセプトにしています。

オフィシャルHP:
http://www.hokkaidowine.com/index.html

余市ワイナリー 日本清酒株式会社
余市ワイナリー 日本清酒株式会社

“嘘偽りのない正直なワインを造ること” “顔の見える信頼関係の中でぶどうを育てること”がコンセプトにして余市に根付いたワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://yoichiwine.jp/

Domaine Takahiko
Domaine Takahiko

北海道余市町登地区でワイン造りをすることを目的に始まった家族だけで経営する醸造所を持つ農園です。
栽培ではピノ・ノワールのみに一生をかけるつもりでおります。
また、自社農園のブドウが使用されていないワインについては、
表ラベルに「Takahiko Soga」が明記されております。

オフィシャルHP:
  http://www.takahiko.co.jp/index.html

ニセコ羊蹄ワインセラー
ニセコ羊蹄ワインセラー

地域活性や若手の就農支援を目的とした羊蹄グリーンビジネス株式会社が運営するワイナリー。
農場では葡萄の他に野菜も栽培。土壌の生態系を破壊しないよう化学肥料は使用しません。
冷涼な北海道に適する葡萄品種の栽培を追及しています。

オフィシャルHP:
http://yoteigreenbusiness.com/index.php?FrontPage

胆振

月浦ワイン醸造所
月浦ワイン醸造所

北海道の風土で健全な葡萄を栽培するため土壌改良、品種選択、栽培方法の試行錯誤して研究しました。
栽培面積と葡萄の樹齢が適齢に達し自社畑が確立された2000年に果実酒製造免許を取得。
栽培、製造、管理を一貫して行っています。収量制限、選果を徹底的に行い、その年の良さを表現します。

オフィシャルHP:
http://www.tsukiurawine.jp/

松原農園ワイン
松原農園ワイン

2014年に念願の醸造所ができ、栽培、醸造まで一貫して行うワイナリーになりました。
“飲みあきしない良質のテーブルワイン”がコンセプト。料理を陰で支えるワインを造ります。
“テーブルワインとしての必須条件、どんな料理にも合う、どんな好みの方にも合う懐の深さが自慢です。”

オフィシャルHP:
http://www.matsubarawine.com/Matsubarawine/Home.html

その他

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。
エリアで探す
 

十勝

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

町の財政危機を救うため、当時の町長が自生山葡萄をヒントに動き出したプロジェクトから始まります。葡萄、ワインについての知識は皆無だったので町役場の職員をドイツに派遣し技術を取得。様々な困難が待ち受けていましたが努力と忍耐の甲斐あって町の財源は潤され、現在では独自の葡萄を作り出すなどの成功を収めています。

オフィシャルHP:
http://www.tokachi-wine.com/

その他

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。
 

全域

有限会社サンマモルワイナリー
有限会社サンマモルワイナリー

“川内でのワイン作りは、リゾート開発会社が、バブル末期を迎え、開発のメドが立たなくなった下北の旧川内町の用地を町の活性化につなげようと、乗り出したのが始まりだった。”

本州最北端に位置するワイナリー。
陸奥湾から反射した日光と暖められた海水の熱がぶどうの成熟の手助けをしています。
※“青森県農林水産部総合販売戦略課 産地レポート 生産者の声”より一部引用(2015.11.28)
オフィシャルHP:
http://www.umai-aomori.jp/know/sanchi-report/95.phtml

オステリア エノテカ ダ サスィーノ
オステリア エノテカ ダ サスィーノ

レストランが自社畑で葡萄栽培し醸造するスタイルのワイナリー。“自分らしさを出すこと。本物を知ること。本物であること。”を哲学としています。
※ワインのみの販売は行っていません。

オフィシャルHP:
http://dasasino.com/

サントリー ジャパンプレミアム 津軽シリーズ
サントリー ジャパンプレミアム 津軽シリーズ

青森県産葡萄を使用したサントリーのワイン。雨が比較的少なく日照量が多い。火山灰土壌で水はけがよく葡萄栽培には適しています。畑はアップルロードという場所にあり、周りも林檎畑だらけという立地。科学的な根拠はありませんがワインに林檎のニュアンスが現れています。
シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールを栽培しています。

オフィシャルHP:
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/wine-cellar/japanpremium.html

全域

株式会社エーデルワイン
株式会社エーデルワイン

良いワイン=良い葡萄+良い人間。
“より良いワイン造りを通じて、地域と社会の繁栄と豊かな生活文化に貢献する”がコンセプト。

オフィシャルHP:       
http://www.edelwein.co.jp/archives/edel_wein/company

葛巻高原食品加工株式会社 くずまきワイン
葛巻高原食品加工株式会社 くずまきワイン

山葡萄が文化に根付いたこの地で、1979年に高橋吟太郎町長が山葡萄を使ったワインを特産化して地域の活性化に繋げられないかと考えました。当時の町民は葡萄の栽培、醸造のことなど知る由もなかったのですが、時間をかけ試験的にワインを造りながら今のワイナリーができました。

オフィシャルHP:
http://www.kuzumakiwine.com/

株式会社紫波フルーツパーク 自園自醸ワイン紫波
株式会社紫波フルーツパーク 自園自醸ワイン紫波

“「自園自醸ワイン紫波は、自分たちの育てた葡萄でワインをつくりたい」という岩手県紫波町の葡萄栽培農家の長年の想いから生まれ、2005年に醸造を開始しました。”「自園」で葡萄を栽培し、ワイナリーで醸造「自醸」しています。紫波の土地を感じるワイン造りを目指した生産を行っています。

オフィシャルHP:
http://www.shiwa-fruitspark.co.jp/winery/

五枚橋ワイナリー
五枚橋ワイナリー

葡萄畑の開墾が始まったのは2002年。
岩手県盛岡市門は北上川沿岸に位置し、昼夜の気温の差が激しい、傾斜地のため水はけ良好、葡萄栽培に適した土地です。フランス系品種メルロとカベルネソーヴィニヨン、少しシャルドネを栽培、醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.gomaibashi.com/shop/apple.html

有限会社神田葡萄園
有限会社神田葡萄園

創業は明治。岩手県のリアス式海岸で有名な陸前高田に位置する葡萄園です。栽培から加工まで行っています。ワインの他に葡萄を使用したジャムやジュースの製造販売もしています。

オフィシャルHP:
http://0192-55-2222.jp/

高橋葡萄園
高橋葡萄園

国内のワイナリーで責任者を務め、その後オーストリアにワイン醸造留学された高橋喜和さんが経営する葡萄園。
健全で適熟な葡萄を収穫し、葡萄の個性を発揮させるために刺激を与えないよう細心の注意を払って醸造、管理しています。

オフィシャルHP:
http://weinbautakahashi.com/

全域

秋保ワイナリー 仙台秋保醸造所
秋保ワイナリー 仙台秋保醸造所

“「良いぶどうは良い土壌から」土壌の生物的性質、化学的性質、物理的性質に着目した土づくりを行います。
「自然との共生」環境にやさしい農業をめざし、自然生態系への負担を最小限に抑えつつ、ブドウの品質と収量を両立させる防除体系の確立と堆肥や剪定枝粉砕堆肥等の植物性有機物を利用した土壌づくりを行います。
常に栽培と醸造の研究・開発に努め最高の品質を追求し、畑で得たブドウの品質を最大限引き出すワインづくりを行います。”

オフィシャルHP:
http://akiuwinery.co.jp/

全域

ワイナリーこのはな
ワイナリーこのはな

「このはな」は日本神話に登場する酒造の女神コノハナノサクヤビメから命名。鹿角産ワインの特産化で地域活性を目指しています。
“生産者・加工業者・流通業者・ホテル・レストランなどそれぞれの分野が、それぞれの花を咲かせて、花の輪になり、やがて花束をつくる。そのような願いがワイナリーの理念を形作っています。”

オフィシャルHP:
http://www.mkpaso.jp/

メルシャン株式会社 シャトーメルシャン 大森地区
メルシャン株式会社 シャトーメルシャン 大森地区

シャトーメルシャンが造る秋田県産リースリングのワイン。大森地区は秋雨が多くブドウ栽培が難しいと言われていましたが、収量制限や雨による被害を少なくするために行った笠かけなどの努力によって困難を克服しました。

オフィシャルHP:
http://www.chateaumercian.com/brand/vineyards/oomori.html

十和田ワイン醸造場 マルコー食品工業株式会社

十和田八幡平に自生する山葡萄を添加物を使用せず醸造するワイナリー。


オフィシャルHP:
http://akitanosake.com/index.html

全域

高畠ワイン株式会社
高畠ワイン株式会社

緯度がアメリカのナパヴァレーやギリシアと同じで葡萄の栽培に適しています。“観光も楽しめるワイナリーを目指して創業”されました。国内のコンクールで高評価を得ています。

オフィシャルHP:
https://www.takahata-winery.jp/index.asp/

JA庄内たがわ 月山ワイン 山ぶどう研究所
JA庄内たがわ 月山ワイン 山ぶどう研究所

最初は自生している山葡萄でワインを造っていましたが、葡萄の精度がまちまちで栽培することに。自生山葡萄の穂木を30年以上かけて選抜し栽培し続けています。

オフィシャルHP:
http://www.gassan-wine.com//

有限会社タケダワイナリー
有限会社タケダワイナリー

宮城県と山形県の県境にある蔵王連峰山麓に位置するワイナリー。時間をかけ欧州系品種に合う土壌改良を行いました。自家農園で自然農法栽培、手摘み収穫、自社での醸造、瓶詰まで行っています。
ワイナリーの歴史は大正時代まで遡り、5haの植え付けから始まりました。
当時の社長がフランス・ボルドーの「シャトー・マルゴー」に魅せられ、日本でフランス系ブドウ品種を栽培できないかと挑戦します。最初は失敗の連続だったようですが徐々に努力が実り始め、現在フランス系葡萄品種からとても上質なワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.takeda-wine.co.jp//

有限会社朝日町ワイン
有限会社朝日町ワイン

山形県の中央部に位置する大朝日岳の山麓にあるワイナリー。下層土壌は花崗片麻岩で表土は腐食に乏しい粘土質。傾斜地なので水はけもよい醸造用ブドウ栽培に適した土壌です。
”高品質のぶどうを良さを真面目に引き出すことを最大の目標に製造しております。“

オフィシャルHP:
http://asahimachi-wine.jp/about

有限会社大浦葡萄酒
有限会社大浦葡萄酒

昭和14年、昔から良質な葡萄栽培地として名を馳せていた南陽市赤湯に創業されたワイナリー。手造りで愛情込めたワインを造っています。

5つの事を念頭に置いてワイン造りをしています。

・地元のぶどうでのワイン造り
・ぶどう品種の個性を活かしたワイン造り
・品質を重視したワイン造り
・手造りで愛情込めたワイン造り
・きれいな酒質のワイン造り

オフィシャルHP:
http://ourawine.com/

有限会社佐藤ぶどう酒
有限会社佐藤ぶどう酒

ぶどう畑が広がるこの地には渓谷のような沢がありました。
江戸時代までこのあたりで金が採れたことから看板ワインに「金渓ワイン」と名付けました。

山形県産葡萄100%を大量生産せずに一つ一つ丁寧に醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.kinkei.net/

須藤ぶどう酒工場
須藤ぶどう酒工場

南陽市は昼夜の温度差が激しく葡萄の栽培に適しています。
また白竜湖から発生する上昇気流のおかげで風通しが良く葡萄が病気になりづらい環境です。
自家農園「紫金園」には樹齢100年になる葡萄樹があります。ぶどう酒工場ではワイン仕込みの体験ができ、マイワインを造ることが可能です。

オフィシャルHP:なし

ウッディファーム&ワイナリー
ウッディファーム&ワイナリー

私達は、自社畑で育てたブドウだけでワインをつくるドメーヌワイナリーです。
ワイン用ブドウ栽培の適地、蔵王山麓かみのやまで、地味豊かなワインづくりを目指します。


オフィシャルHP:
http://www.woodyfarm.com/

浜田株式会社 シャトーモンサン
浜田株式会社 シャトーモンサン

昼夜の寒暖差が激しい米沢盆地は昔から林檎の名産地。葡萄栽培も例外ではなく水はけの良い斜面地では良いワイン原料が出来ます。
シャトーモンサンは清酒「沖正宗」を醸造する老舗会社が始めたワイナリー。フランスへ留学した職人たちが愛情を込めたワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.okimasamune.com/hamada/hamda_kira.html

天童ワイン株式会社
天童ワイン株式会社

天童ワインのホームページからワイナリー見学予約が出来ます。
“山形の風土の恵みを受けて良く育った完熟したぶどう その一房を搾って得た果汁 それが酵母の力をかりてワインへと生まれ変わりました。 ぶどう園の人たちの思いをたくさん詰め込んで”
※“天童ワイン トップページ”より引用(2016.10.27)
オフィシャルHP:
http://www.tendowine.co.jp/

有限会社酒井ワイナリー
有限会社酒井ワイナリー

創業明治25年に酒井弥惣が創業した老舗ワイナリー。鳥上坂の畑からは白竜湖が一望できます。一つ一つを手造りで丁寧に仕込んだワインを家庭の食事と一緒に召し上がっていただければとのことです。濾過をしないノンフィルターワインが自慢です。

オフィシャルHP:
http://www.sakai-winery.jp/

月山トラヤワイナリー
月山トラヤワイナリー

山形県産の果実にこだわり、栽培から醸造まで管理しています。自家農園と契約農家で「葉月会」を組織。栽培研修や現地での講習会などを定期的に開催することにより、山形らしさを感じられる高品質な葡萄、ワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://wine.chiyokotobuki.com/

全域

メルシャン株式会社 シャトーメルシャン 新鶴地区
メルシャン株式会社 シャトーメルシャン 新鶴地区

シャトーメルシャンが造る福島産シャルドネのワイン。1975年に旧新鶴村から要請を受けて休耕地を活用し葡萄栽培を開始しました。雨に悩まされましたが、レインカットをすることによって糖度の高い葡萄が収穫されるようになりました。

オフィシャルHP:
http://www.chateaumercian.com/brand/vineyards/niitsuru.html/

有限会社ホンダワイナリー ワイン工房あいづ 
有限会社ホンダワイナリー ワイン工房あいづ 

「ワイン工房あいづ」は会津磐梯山の麓、福島県猪苗代町にある小さなワイナリーです。

― Hondawinery(Wine Making Shop AIZU) is the small winery in the foot of Mt. Bandai in Fukushima-ken Inawashiro-machi. ―

当工房ではワイン造りにあたって、発酵・熟成の際は主にガラス樽を使用しています。そのため、果実以外の成分が入らないすっきりとした味わいになります。
そのように、“自然回帰のワイン醸造”を心がけております。

原料は、会津若松市北会津や会津美里町、猪苗代町、郡山市熱海町、山形県南陽市などの各生産農家からぶどう、りんごなどを仕入れています。地元産の果実を用いて“会津で醸造”している、他にはない貴重なワインです。

オフィシャルHP:
http://www.hondawinery.co.jp//

ふくしま農家の夢ワイン株式会社
ふくしま農家の夢ワイン株式会社

福島県二本松市東和地区で立ち上がった「東和果実酒研究会」が運営するワイナリー。地域の果実を有効利用、遊休農地を葡萄畑にすることによる遊休農地解消と農家所得の向上を事業の計画としています。

オフィシャルHP:
https://www.facebook.com/fukuyumewine//

大竹ぶどう園
大竹ぶどう園

“大竹ぶどう園は明治期から変わらぬ味わいを届ける東北一の歴史を誇るワイナリー。収穫、仕込み、ビン詰めまで一農園で行う珍しいスタイルで、2~3年寝かせて飲み頃になったワインを出荷しています”

オフィシャルHP:
http://www.aizu-furusato.com/pfaizu/guide/iimono/html/kwine.html

いわきワイナリー
いわきワイナリー

「ゆったりとした時間の中で育まれるワインは、障がい者に向くはず…。」
この想いより、障がい者の就労支援センターを運営するみどりの杜福祉会は、就労支援事業として、いわき市内でぶどうの栽培を行ってきました。
平成27年3月、「いわきワイナリー」の名称で、果実酒製造免許を取得。
平成27年の秋より、いわきワイナリー本格始動です。

オフィシャルHP:
http://iwakiwinery.com/index.html

 

全域

株式会社レスカルゴ

ワイン醸造は単一品種、同一地区での葡萄を使用しています。
レスカルゴは「カタツムリ」。カタツムリがゆっくりしているのと、
葡萄からワインができるまでにはかなり時間がかかることをかけて命名されました。

オフィシャルHP:
http://www.lescargot.jp/

ドメーヌ・ショオ
ドメーヌ・ショオ

新潟県で夫婦二人で国産ぶどう100%のワインを熱心に造っています。
名前の由来は小林夫婦の「小(しょう)」とフランス語で「熱い」の意味をもつChaudから。

オフィシャルHP:
http://domainechaud.net/

フェルミエ ホンダ・ヴィンヤーズ・アンド・ワイナリー株式会社 
フェルミエ ホンダ・ヴィンヤーズ・アンド・ワイナリー株式会社 

フェルミエはフランス語で「農家、農場の」という意味があります。
“自然を尊重し、手造りにこだわる”国産葡萄を100%使用し自家醸造をしています。

オフィシャルHP:
https://fermier.jp/

株式会社欧州ぶどう栽培研究所 カーブドッチワイナリー
株式会社欧州ぶどう栽培研究所 カーブドッチワイナリー

ワイナリーは角田山の麓にあります。ここの土壌は水はけが非常に良く栄養分が比較的乏しいため葡萄の栽培に適しています。雪も雨もそれほど降らず、夏は暖かいため葡萄が熟しやすい気候。この土地に合わせた葡萄の品種を見極め風土を表した唯一のワイン造りを目指しています。また新潟県をワイン産地にすべく「ワイナリー経営塾」を開催し現在4軒の新しいワイナリーを生み出しました。

オフィシャルHP:
http://www.docci.com/

株式会社岩の原葡萄園
株式会社岩の原葡萄園

「日本のぶどうとワインの父」川上善兵衛が自宅の庭園に葡萄園を造ったことから始まりました。
川上善兵衛が造り出した交配品種で上質なワインを多く醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/

株式会社セトワイナリー カンティーナ・ジオセット
株式会社セトワイナリー カンティーナ・ジオセット

2011年に創業したワイナリー
ネッビオーロ、バルベーラ、ランブルスコなどのイタリア系品種の栽培をおこなっています。

オフィシャルHP:
http://ziosetto.com/

胎内高原ワイン
胎内高原ワイン

「市」が直営する数少ないワイナリー。
畑が急斜面上にあり水はけがよい。また粘土質であるためメルロー種の育成に適しているといわれています。

オフィシャルHP:
http://www.gourmet-tainai.jp/wine/

株式会社アグリコア 越後ワイナリー
株式会社アグリコア 越後ワイナリー

“雪が育む、雪が守る、雪が醸す”
雪の冷気を活用した雪室貯蔵でワインを熟成させる唯一のワイナリー。

オフィシャルHP:
http://www.echigowinery.com/

ルサンクワイナリー
ルサンクワイナリー

2015年10月にオープンしたワイナリー。ル・サンク(Le CINQ)は数字の5の意。
新潟ワインコーストで5番目に出来たことから名付けられました。
葡萄そのものの良さ、土地の特徴を活かしたワインを目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.docci.com/winecoast/winemaker/05_Abe_takashi.html

全域

ホーライサンワイナリーやまふじぶどう園
ホーライサンワイナリーやまふじぶどう園

北陸で最も古い葡萄園とワイナリー。丁寧に愛情込めて一粒一粒姿勢は今も昔も変わりません。

オフィシャルHP:
http://www.winery.co.jp/

SAYS FARM (セイズファーム)
SAYS FARM (セイズファーム)

“北陸が生む美しいワイン造り”を目指しています。100%自社栽培・醸造にこだわったワイン造りをしています。

オフィシャルHP:
http://www.saysfarm.com/

全域

株式会社 ハイディワイナリー
株式会社 ハイディワイナリー

“唯一無二の地からできる「ブドウの個性」を愛してもらえるようなワイン造り”
能登地方を活気づけるため、多種多様な若者たちを積極的に雇用し次世代の環境造りをしています。

オフィシャルHP:
http://heidee-winery.jp/

能登ワイン株式会社
能登ワイン株式会社

“能登の風土で育てた葡萄を搾ってワインを造る。皆様に生ワインをお届けして能登の豊かな食材を生かしたい”
山葡萄を使ったワインが国際日本ワインコンクール金賞を取りました。(2013年)

オフィシャルHP:
http://www.notowine.com/

全域

株式会社 白山やまぶどうワイン
株式会社 白山やまぶどうワイン

白山ワイナリーで造られるワインには山ぶどうが使われています。ワインの樹オーナー制度を導入しています。

オフィシャルHP:
http://www.yamabudou.co.jp/

エリアで探す
 

石和・勝沼エリア

日川中央葡萄酒

Liaisanワインで知られるワイナリー。
リエゾンとはフランス語で結ぶや繋ぐの意味で、“大地の恵みを感動に結び付ける”という気持ちを込めています。

オフィシャルHP:
http://liaisonwine.jp/

スズラン酒造工業有限会社
スズラン酒造工業有限会社

江戸中期より酒造業に携わってきました。ワイン造りが始まったのは明治中頃。今でも“重農主義”“自然主義”“博愛主義”というご先祖の教えを守り、理解しながらワイン造りに臨んでいます。

オフィシャルHP:
http://www.suzuran-w.co.jp/

サントネージュワイン株式会社
サントネージュワイン株式会社

よいワインは、よいぶどうから”をスローガンとして掲げ、選りすぐりの国産ぶどう100%を使用し山梨県の醸造所で丁寧に醸造、熟成、瓶詰までを行っています。

オフィシャルHP:
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/ste-neige/

甲斐ワイナリー株式会社
甲斐ワイナリー株式会社

コンセプトは“日本人の繊細な味覚と食文化に合う上質なワイン造り”。工場や葡萄園の見学ができます。

オフィシャルHP:
http://www.kaiwinery.com/

奥野田葡萄酒醸造株式会社
奥野田葡萄酒醸造株式会社

自社農園は葡萄栽培に適した場所で糖度の高い良質な葡萄を用いてミネラルたっぷりなワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.okunota.com/

四恩醸造株式会社
四恩醸造株式会社

横浜の学校法人四恩学園が母体のワイナリー。自社畑、勝沼周辺の契約農家の葡萄を使用。  細心の注意を払って安心、安全な原料のみ、不要な添加物を控えた醸造をおこなっています。

オフィシャルHP:
http://www.4-wine.net/

塩山洋酒醸造株式会社
塩山洋酒醸造株式会社

もともとは果樹栽培の振興と果実加工を目的として出来た組合が母体で、後に法人化されました。自社農園を始め契約農家で栽培された葡萄を100%使用したワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.enzanwine.co.jp/

旭洋酒有限会社 ソレイユワイン
旭洋酒有限会社 ソレイユワイン

なるべく農薬を使わず、他の草々と葡萄樹を共存させる草生栽培を実施し“自然を生かし自らが生かされる”を理念とし経営するワイナリー。

オフィシャルHP:
http://www5e.biglobe.ne.jp/~soleilwn/

有限会社マルサン葡萄酒

江戸時代から果樹園として生食用葡萄の栽培。
ワインを造り始めたのは比較的最近で、勝沼でも珍しい果樹園と醸造所が併設したワイナリーです。

オフィシャルHP:
http://wakao-marusan.com/

中央葡萄酒株式会社
中央葡萄酒株式会社

日本固有の気象に対峙しながら、ニッポンのグレイスワインとして世界に認められるため挑戦を続けています。ワイン造りでは出来るだけナチュラルなワインを目指し、醗酵や貯酒の過程で、ブドウをそこなわずの一念で、自然のバランスをどうしたら余すところなく引き出せるのかに努めています。

オフィシャルHP:
http://www.grace-wine.com/

白百合醸造株式会社 ロリアン
白百合醸造株式会社 ロリアン

創業昭和13年の老舗ワイナリー。体験型のワイナリーツアーを実施していてワインに親しみやすいよう工夫されています。日本では珍しい葡萄絞りかすの蒸留酒「グラッパ」の製造もしています。

オフィシャルHP:
http://www.shirayuriwine.com/home

シャトージュン株式会社
シャトージュン株式会社

ファッションメーカーのジュングループが運営するワイナリー。                                         葡萄の個性を引き出し、エレガントで飲み飽きしないようなワイン造りを心がけています。

オフィシャルHP:
http://www.chateaujun.com/

シャトー酒折
シャトー酒折

新しい最新鋭の設備、新しい発想、最新情報などを取り入れ日本人に合ったワインを造り出しています。また日本固有の甲州種やマスカット・ベーリーAにこだわりを持ち世界に発信出来るようなワインを目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.sakaoriwine.com/

機山洋酒工業株式会社
機山洋酒工業株式会社

山梨県を流れる笛吹川が造りだした水はけの良い砂質土壌から葡萄が生まれます。良質な葡萄、その性質をワインに反映させることがワイナリーでの仕事だと考えています。

オフィシャルHP:
http://kizan.co.jp/

アルプスワイン株式会社 ルナールワイン
アルプスワイン株式会社 ルナールワイン

様々なワイン造りに挑戦しています。“より多くの方に気軽にワインを楽しんで頂きたい。美味しさがまず大事。難しい事は抜き”という創業当時からの考えを大切にしています。

オフィシャルHP:
http://www.alpswine.co.jp/

株式会社くらむぼんワイン
株式会社くらむぼんワイン

「くらむぼん」とは宮沢賢治の童話「やまなし」で蟹たちが語る言葉。“人間と自然の共存、科学の限界、他人への思いやりを童話で伝えた宮沢賢治に共感しこの社名が名づけられました。”
甲州やマスカットベーリーAが日々の食卓を飾るように、和食文化の一端を担っています。

オフィシャルHP:
http://www.kurambon.com/

大和葡萄酒株式会社
大和葡萄酒株式会社

世界水準のワインを造ることが使命。
日本古来の葡萄に重きを置き、歴史と葡萄のルーツを理解し風土と環境にあったワインを醸しています。

オフィシャルHP:
http://www.yamatowine.com/

盛田甲州ワイナリー株式会社 シャンモリワイン
盛田甲州ワイナリー株式会社 シャンモリワイン

シャンモリワインで知られる盛田甲州ワイナリー。
江戸中期に尾張(現愛知県)で酒、味噌、醤油などを造っていました。
明治時代には葡萄の栽培を始め醸造を試みましたがフィロキセラ(害虫)によって畑が全滅。
先代の悲願を達成するために昭和48年に再挑戦し勝沼にワイナリーを構え今に至ります。

オフィシャルHP:
http://www.chanmoris.co.jp/

メルシャン株式会社 シャトーメルシャン
メルシャン株式会社 シャトーメルシャン

“良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によって育まれるブドウを、素直に表現したものある。”
という信念のもと常に素晴らしいワインを造り続けています。

オフィシャルHP:
http://www.chateaumercian.com/

マンズワイン株式会社 勝沼ワイナリー
マンズワイン株式会社 勝沼ワイナリー

ブランドコンセプトは“品質主義”。
世界各地でワインを学んできた技術者たちが最良の葡萄と醸造技術を駆使して最高のワインを世に送り出します。

オフィシャルHP:
http://www.mannswine-shop.com/winery/katsunuma/

丸藤葡萄酒工業株式会社 ルバイヤート
丸藤葡萄酒工業株式会社 ルバイヤート

明治23年創業の老舗ワイナリー。
ワインのブランド名は「ルバイヤート」。詩人の日夏耿之介(ひなつこうのすけ)が命名。
ウマル・ハイヤームというペルシャの詩人の作品集からとられました。

オフィシャルHP:
http://www.rubaiyat.jp

まるき葡萄酒株式会社
まるき葡萄酒株式会社

“現存する日本最古のワイナリー”
まるき葡萄酒の前身は、日本にワイン造りの基礎を取り入れるためフランスに派遣された土屋龍憲のマルキ葡萄酒。
日本の食卓に合うようなワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://marukiwine.co.jp/

本坊酒造株式会社 山梨マルスワイナリー
本坊酒造株式会社 山梨マルスワイナリー

鹿児島県の本坊酒造が洋酒製造の拠点として山梨県に設立したワイナリー。
“日本人のための日本のワイン”“芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー”がテーマ。

オフィシャルHP:
https://www.hombo.co.jp/company/kura/yamanashi.html

原茂ワイン株式会社
原茂ワイン株式会社

名の由来は、かつて「原」と言われる地名であったことと、代々「茂左衛門」を襲名していたことから。築130年の母屋を改築して1階にはワインショップ、2階にはカフェを併設しています。

オフィシャルHP:
http://www.haramo.com/

フジッコワイナリー株式会社 フジクレール
フジッコワイナリー株式会社 フジクレール

食品の製造、販売を手掛けているフジッコ株式会社が経営するワイナリー。                                        一年に一回しかできないワイン造りを気持ちを込めで葡萄を育みワインへと醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.fujiclairwine.jp/

蒼龍葡萄酒株式会社
蒼龍葡萄酒株式会社

蒼龍とは中国故事の神獣青龍のこと。東方を守る神様で幸せを呼び込むとも言われています。古きを守りつつ、新たな事にも挑戦し続けています。国内のコンテストで優秀な評価をおさめています。

オフィシャルHP:
http://www.wine.or.jp/soryu/

サッポロワイン株式会社勝沼ワイナリー ポレールワイン
サッポロワイン株式会社勝沼ワイナリー ポレールワイン

国産葡萄100%のワイン製造に特化。“お客様に最良の品質でお届けするため、ぶどう栽培から製造・管理や輸送にいたるまで、すべてにこだわっています。”

オフィシャルHP:
http://www.sapporobeer.jp/brewery/katsunuma/

株式会社ルミエール
株式会社ルミエール

ルミエールはフランス語で光の意。”これからも日本ワイン文化に輝きを与える光でありたい”という意味が込められています。

オフィシャルHP:
http://www.lumiere.jp/

株式会社ダイヤモンド酒造
株式会社ダイヤモンド酒造

昭和初期に近隣の農家が集まり自分達用のワインとして醸造し始めました。後に法人化され今の会社になりました。

オフィシャルHP:
http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/

株式会社シャトレーゼベルフォーレ 勝沼ワイナリー
株式会社シャトレーゼベルフォーレ 勝沼ワイナリー

お菓子のシャトレーゼグループが運営するワイナリー。“厳選した山梨県産葡萄を真心込めて丁寧に醸造する”という理念を持ってワインを送り出しています。

オフィシャルHP:
http://www.belle-foret.co.jp/

株式会社シャトー勝沼
株式会社シャトー勝沼

“納得のいくワインに出会うためには、自らの手でぶどうをつくりだす”葡萄栽培、醸造までこだわりをもってワイン造りをしています。

オフィシャルHP:
http://www.chateauk.co.jp/

勝沼醸造株式会社
勝沼醸造株式会社

勝沼のテロワールを生かしたワイン造りを行っています。世界に通用するワインを目指して日々研究しているワイナリーです。

オフィシャルHP:
http://www.katsunuma-winery.com/

株式会社甲府ワインポート ドメーヌ久
株式会社甲府ワインポート ドメーヌ久

ワイナリー名にドメーヌを選んだ理由はフランスのブルゴーニュ地方で主に栽培されているピノ・ノワールを自社栽培しているからです。ピノ・ノワールの栽培数は国内最大級。

オフィシャルHP:
http://www.kofuwineport.jp/

麻屋葡萄酒株式会社 

創業大正十年のワイナリー。個性を重視し“産地の風土を生かしたワイン造り”に励んでいます。

甲府・昇仙峡エリア

敷島醸造株式会社
敷島醸造株式会社

山梨県茅ヶ岳山麓、標高600mに位置するワイナリー。                                         地元で収穫された葡萄を丁寧に醸造し、その年にしか出会えない味わいを生み出しています。

オフィシャルHP:
http://www.mountwine.co.jp/

サントリー 登美の丘ワイナリー
サントリー 登美の丘ワイナリー

その土地らしさ、その品種らしさ”をフランス語でティピシテといいます。ティピシテを伝えることがワインメーカーの役割と考え葡萄とワインに向き合っています。

オフィシャルHP:
http://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/

株式会社サドヤ醸造場
株式会社サドヤ醸造場

先見の明を持った先代が日本の欧米化に注目しワイン醸造販売を始めました。“食事の中にあるワインを造ること”をベースとしてワインを造り続けています。

オフィシャルHP:
http://www.sadoya.co.jp/

その他エリア

富士屋醸造株式会社

砂礫質土壌で水はけが良く、年間の雨も比較的少なくワイン用の葡萄栽培に適しています。
アントリワインというブランド名のワインを醸造、販売しています。

㏋なし

全域

信州まし野ワイン株式会社
信州まし野ワイン株式会社

“リンゴや梨のフルーツワインや山葡萄のワインなど、地域のくだものからワインを醸造。
また、増野地区にシャルドネ、メルロー、信濃リースリングなどを植栽。                                            小規模ながらも、ブドウ栽培からワインづくりまでを手がけています。”

オフィシャルHP:
http://www.mashinowine.com/

株式会社 VOTANO WINE(ヴォータノワイン)

陶磁器で有名な洗馬焼発祥の地にあります。
恵まれた洗馬の風土を極力活かすため無肥料、減農薬で葡萄を栽培しています。

オフィシャルHP:
http://votanowine.info/index.php?FrontPage

株式会社リュードヴァン
株式会社リュードヴァン

かつて林檎畑だった耕作放棄地に息吹を与え、豊かな農地として葡萄の樹を植え育て、ワイン造りを始めたワイナリーです。
農薬や肥料を過度に使用せず、畑の生態系を守りながらワイン造りをしています。

オフィシャルHP:
http://ruedevin.jp/

はすみふぁーむ
はすみふぁーむ

“雨が少なく、日照時間が長い、そして昼夜の寒暖差が大きく、緩やかな傾斜地であるため、
水はけが良いと、ワイン用のぶどう栽培に大変適している土地です”

オフィシャルHP:
http://hasumifarm.com/

株式会社ぶどうの郷山辺 山辺ワイナリー
株式会社ぶどうの郷山辺 山辺ワイナリー

主力商品はナイアガラ。葡萄由来の純粋な香りはワイン初心者にも好評です。
山辺の風土をワインに表現することを目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.yamabewinery.co.jp/

株式会社Kidoワイナリー
株式会社Kidoワイナリー

“造りたいものを造る”という信念のもと、家族で5つの畑を管理しワインを醸造。
必ず日本でも世界と渡り合えるワインができると信じワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www6.plala.or.jp/kidowinery/

小布施ワイナリー
小布施ワイナリー

“健康に良いのではなく地球に優しい、癒しのワインで在りたい”
化学的な農薬、肥料を一切使用しない有機栽培をおこなっています。

オフィシャルHP:
http://www.obusewinery.com/

株式会社アルプス アルプスワイン
株式会社アルプス アルプスワイン

長野県の契約農家で育てられた高品質な葡萄と塩尻市桔梗ヶ原の耕作放棄地に設立したアルプスファームで出来た葡萄を使用。衛生面に細心の注意を払い、最新の設備を使ってワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.alpswine.com/

安曇野ワイナリー株式会社
安曇野ワイナリー株式会社

「テロワールを存分に感じられるクリアなワイン」。理想のワインを目指し、
健全なブドウを栽培し、丁寧な醸造をすることを愚直にこころがけています。

オフィシャルHP:
http://www.ch-azumino.com/

醸造家:加藤彰 (醸造責任者)、新矢美紀(栽培責任者)

株式会社あづみアップル スイス村ワイナリー
株式会社あづみアップル スイス村ワイナリー

安曇野は名水の地でワサビ栽培やニジマスの養殖をしています。
林檎と共にワイン用葡萄の生産も行っていて、特にソーヴィニヨン・ブランが有名です。

オフィシャルHP:
http://www.swissmurawinery.com/

信濃ワイン
信濃ワイン

モットーは“厳しい糖度検査に合格した優良ぶどう使用”
“発行・熟成家庭における最新万全の管理”
“限られた地球資源を大切にするために、簡素な包装や繰り返し使うこと、リサイクルを心がけています”の三つです。

オフィシャルHP:
http://www.sinanowine.co.jp/

サントリー塩尻ワイナリー
サントリー塩尻ワイナリー

“世界を感動させる日本ワインを”という意気込みで上質なワイン造りを行っています。
ポテンシャルの高いワイン造りのため様々な醸造法や貯蔵法に挑戦し続けています。

オフィシャルHP:
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/wine-cellar/japanpremium.html

マンズワイン株式会社 小諸ワイナリー
マンズワイン株式会社 小諸ワイナリー

ブランドコンセプトは“品質主義”。
世界各地でワインを学んできた技術者たちが最良の葡萄と醸造技術を駆使して最高のワインを世に送り出します。

オフィシャルHP:
http://www.mannswine-shop.com/winery/komoro/

株式会社林農園 五一ワイン
株式会社林農園 五一ワイン

五一ワインの名の由来は林農園代表の林幹雄さんの父・五一さんから。
日本では珍しい貴腐ワイン(極甘口)の醸造もしています。

オフィシャルHP:
http://www.goichiwine.co.jp/

たてしなップル
たてしなップル

立科町の名産物リンゴから醸したシードルやアップルワイン、焼酎(カルヴァドス)などを生産しています。
本来リンゴの木は大きく育つのですが、糖度を高めるため小さく改良しより多くの太陽光を当てる工夫を施しています。

オフィシャルHP:
http://tateshinapple.jp/

有限会社たかやしろファーム
有限会社たかやしろファーム

巨峰の産地で有名な高社山の山麓に畑を持つワイナリー。
地元の人が気軽に飲めるワインを造りたいという思いでワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.takayashirofarm.com/

楠わいなりー株式会社
楠わいなりー株式会社

高山村から須坂市に広がる扇状地に日滝原と呼ばれる樹園地帯があります。
日滝原の葡萄は良質で、そこから造られるワインはおいしいと評判になっています。

オフィシャルHP:
http://www.kusunoki-winery.com/

ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー
ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー

長野県の東御市は降雨量が少なく日照量が多いのでワイン用葡萄の栽培に適しています。
自社農園、周辺の契約農家で生産された葡萄を100%使用し風土を反映した、世界に向けて発信できるワイン造りを目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.villadest.com/

株式会社井筒ワイン
株式会社井筒ワイン

昭和8年ワイン醸造メーカーとして創業。生食用のコンコードやナイアガラなどの地場特産品、ヨーロッパ系品種を栽培し風土に根差したワインの価値を追求しています。

オフィシャルHP:
http://www.izutsuwine.co.jp/

 

全域

天然ワイン醸造

蔵に住み着いた天然酵母によって葡萄果汁を発酵させています。酸化防止剤や添加物を一切使用せずに醸造。

㏋なし

神言修道会多治見修道院
神言修道会多治見修道院

修道院の周りに広がる葡萄畑で栽培されている葡萄を1933年から修道院地下室で醸造。「修道院ワイン」として販売されています。

オフィシャルHP:
http://svdtajimi.com/

全域

富士山ワイナリー
富士山ワイナリー

ワイン界の重鎮「ドゥニ・デュブルデュ教授」をコンサルタントとして招き、日本固有品種の甲州葡萄の可能性を広げるべく研究を重ねているワイナリー。

オフィシャルHP:
http://www.shizenwine.com/

はままつ フルーツパーク時之栖
はままつ フルーツパーク時之栖

完全に発酵が終わる前に瓶詰したペルレが売りのワイナリー。地元で採れたピオーネを使ったあっさりとしたワインも造っています。

オフィシャルHP:
http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/winery/

株式会社志多 シャトーティーエス
株式会社志多 シャトーティーエス

カリフォルニアのナパをイメージした館内にはワインのテイスティングや食事を楽しめる施設があります。ワイナリーではオリジナルワインを自家醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.shidax.co.jp/winery/

全域

小牧ワイナリー
小牧ワイナリー

社会福祉法人AJU自立の家が運営するワイナリー。                   “障害のある人が地域の中であたりまえに暮らすことをめざしたチャレンジです。わたしたちはぶどうを栽培しワインを販売して、ひとりの社会人としての役割を果たしていきます。”

オフィシャルHP:
http://www.aju-cil.com/work/winery.html

アズッカ・エ・アズッコ 風の丘ワイナリー
アズッカ・エ・アズッコ 風の丘ワイナリー

ワイン好きな夫婦がイタリアに渡り3年間ワイナリーで修業。帰国後、2006年に念願の葡萄畑を拓き、2014年から自家醸造を始めました。日本では珍しいイタリア系の品種も育てています。

オフィシャルHP:
http://azu-azu.sakura.ne.jp/shop.html

 

全域

北条ワイン醸造所
北条ワイン醸造所

砂質土壌のため水はけがよく、昼夜の気温差が大きいので葡萄造りに適した場所にあります。
“量にはこだわらず、より良い品質を求め、付加価値のあるワインを造る”という信念のもと栽培から醸造まで取り組んでいます。

オフィシャルHP:
http://www.hojyowine.jp/

全域

有限会社奥出雲葡萄園
有限会社奥出雲葡萄園

“私たちがつくるのは農産物としてのワイン。泥だらけになって土を耕し、灼けつく日射しを浴びて世話することがワインづくりの根本と信じます。”

オフィシャルHP:
http://www.okuizumo.com/

株式会社島根ワイナリー 
株式会社島根ワイナリー 

特産の島根ぶどう、そこから生まれる島根わいんを広め、ワインに親しんでいただくことが役割と考えています。

オフィシャルHP:
http://www.shimane-winery.jp/

全域

株式会社是里ワイン醸造場
株式会社是里ワイン醸造場

葡萄栽培家が心を込めて育てた葡萄の特徴を最大限に引き出すことがワイナリーとしての責任であると考えています。

オフィシャルHP:
http://www.koresato-winery.jp/

ふなおワイナリー
ふなおワイナリー

船穂町で栽培されるマスカット・オブ・アレキサンドリアを醸造しています。
確かな葡萄から確かなワインを造りたいという熱心な気持ちでワイン造りに臨んでいます。

オフィシャルHP:
http://www.funaowinery.com/

サッポロワイン株式会社 岡山ワイナリー
サッポロワイン株式会社 岡山ワイナリー

サッポロビール株式会社が運営するワイナリー。
「果実の女王」と呼ばれる、マスカット・オブ・アレキサンドリアからワインが造られます。

オフィシャルHP:
http://www.sapporobeer.jp/brewery/okayama/

tetta株式会社
tetta株式会社

岡山県は「晴れの国」といわれるように降雨量が少なく温暖な地域です。
さらにtettaの葡萄畑はワイン用葡萄に最も適してるという石灰岩土壌。
そのような恵まれた環境で最良の道を探しつつワイン造りを行っています。

オフィシャルHP:
http://tetta.jp/

ひるぜんワイン
ひるぜんワイン

“山ぶどうに恋するワイナリー”
“安心・安全を優先します”“旬にこだわります”“自然環境を守ります”という三つの誓いを立ててワイン造りに臨んでいます。

オフィシャルHP:
http://www.hiruzenwine.com/#id1

全域

株式会社広島三次ワイナリー
株式会社広島三次ワイナリー

広島県三次産の葡萄100%使用したワインを造っています。
栽培から醸造までこだわりをもち、洗練された日本ワインを造るため日々品質向上に努めています。

オフィシャルHP:
http://www.miyoshi-winery.co.jp/

せらワイナリー
せらワイナリー

自然豊かで色々なフルーツが栽培されている世羅高原。
ワイナリーと契約葡萄農家が二人三脚で協力しあい、この土地の風土を活かしたワイン造りをおこなっています。

オフィシャルHP:
http://www.serawinery.jp/

全域

永山酒造合名会社 山口ワイナリー
永山酒造合名会社 山口ワイナリー

“当地が葡萄の産地であったという歴史的背景を前提に、 山口県を世界に 通用する優れたワインの産地とすることを目的”としています。

オフィシャルHP:
http://www.yamanosake.com/wine/index.html

 

全域

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。

全域

株式会社さぬき市SA公社 さぬきワイナリー
株式会社さぬき市SA公社 さぬきワイナリー

"“瀬戸内の風土が育んだ味わい深いワイン造りを行っています”
地元で採れた葡萄を、それぞれの個性に合わせて醸造してます。"

オフィシャルHP:
http://www.sanuki-wine.jp/

全域

企業組合内子ワイナリー
企業組合内子ワイナリー

“ブドウ農家が原料ブドウにこだわり、丹精こめて創ったワイン”を醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.uchiko-winery151.co.jp/

全域

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。
 

全域

株式会社巨峰ワイン
株式会社巨峰ワイン

自然豊かで様々な果物が実る耳納連山田主丸。
いちごやブルーベリーからできたお酒、巨峰からできたワインが有名です。

オフィシャルHP:
http://www.kyoho-winery.com/

全域

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。

全域

五島ワイナリー
五島ワイナリー

日本最西端にあるワイナリー。                             ラベルロゴマークは葡萄の蔓と果実で蔓は五島のG、果実は20の鐘で五島市にある教会の数と同じになっています。

オフィシャルHP:
http://goto-winery.net/

全域

荒尾乃葡萄酒 青空ワイナリー
荒尾乃葡萄酒 青空ワイナリー

青空研究会が荒尾市の地域再生事業の一環として設立されたワイナリーです。“もっと気軽に、もっと楽しく”をコンセプトにワインを提供しています。

オフィシャルHP:
http://aoken-wine.com/

熊本ワイン株式会社
熊本ワイン株式会社

ワイン造りで最も大切なものは原料の葡萄であると考えております。葡萄にこだわり、その特徴を最も生かしたワイン造りを行っています。体験型ワイナリーとして自由に見学、試飲できるようになっています。

オフィシャルHP:
http://www.kumamotowine.co.jp/

全域

有限会社久住ワイナリー
有限会社久住ワイナリー

“久住連山の前に広がる葡萄畑で、葡萄をひとつひとつ真心をこめ収穫。日本のワイナリーの中でも数少ない100%自社農園産ワイン”を造っています。

オフィシャルHP:
http://www.kuju-winery.co.jp/

有限会社由布院ワイナリー
有限会社由布院ワイナリー

日本最初のワインは1551年に伝来しました。その後1553年、キリシタン大名・大友宗麟が湯布院にワインを取り入れたといわれています。“悠久の時を経て、ここ湯布院に「神聖なるワイン」が蘇ります。”

オフィシャルHP:
http://www.maroon.dti.ne.jp/yamatoya01/kyushu/yuhuin.htm

三和酒類株式会社 安心院葡萄酒工房
三和酒類株式会社 安心院葡萄酒工房

温度差が激しい気候に位置するこの地は良質な葡萄ができます。
向上心を常に持ち新しい葡萄品種、栽培研究や醸造技術の習得に取り組んでいます。

オフィシャルHP:
http://www.ajimu-winery.co.jp/

全域

有限会社都城ワイナリー
有限会社都城ワイナリー

日本神話と深い係りがある地。“神々の降り立った土地でいにしえの酒を造る、地域で作る、地場産品とのコラボレーション、みんなでつくる”四つのコンセプトに沿ってワイン造りを行っています。

オフィシャルHP:
http://www.bonchi.jp/wine/

有限会社都農ワイン
有限会社都農ワイン

雨や台風の影響で葡萄栽培に恵まれている土地ではありませんでした。先代からの試行錯誤により今では「尾鈴ぶどう」の産地として知られるようになりました。ワイン造りは自然と人間が長い時間をかけて築き上げていくものだと考えています。

オフィシャルHP:
http://www.tsunowine.com/

綾ワイナリー
綾ワイナリー

宮崎県産の葡萄を中心にワイン造りを行っている本格的な観光ワイン工場。
館内には見学コースがあり観光客に優しいワイナリーです。

オフィシャルHP:
http://kuramoto-aya-shusennomori.jp/shisetsu/winery.html

五ヶ瀬ワイナリー
五ヶ瀬ワイナリー

“地元で育まれた葡萄を100%使ったワインをつくりたい”という思いで創立されたワイナリー。
標高600mの寒暖の差の激しい五ヶ瀬のワインは酸と糖のバランスが絶妙です。

オフィシャルHP:
http://gokase-winery.com/

全域

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。

全域

名護パイナップルワイナリー
名護パイナップルワイナリー

ナゴパイナップルパークに隣接するワイナリー。ハワイのパイナップルワインをヒントに「沖縄でもパイナップルワインを…。」とパイナップルや南国果実を使用したフルーツワインを醸造しています。アルコール以外にもゴーヤ生搾りジュースやジャムなどを販売しています。

オフィシャルHP:
http://shop.nagopain.com/pages/winery/

糸満観光農園
糸満観光農園

糸満市が観光と農業をリンクさせた新たな地域振興の拠点として、国や県の補助事業などを導入して観光農園事業を実施したことから始まったワイナリー。アセロラやパッションフルーツからフルーツワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://uchina-farm.jp/

 

全域

シャトーカミヤ 牛久ワイナリー
シャトーカミヤ 牛久ワイナリー

日本ワイン文化の黎明期にその発展に貢献した神谷伝兵衛が創設したワイナリー。
国指定重要文化財の建築物もあり観光地としても賑わっています。
現在はオリジナルワインの醸造、葡萄の試験栽培をおこなっています。

オフィシャルHP:
http://www.ch-kamiya.jp/

木内酒造合資会社
木内酒造合資会社

1823年に酒蔵として創業されました。
平成12年、絶えず志をもって新たな夢にチャレンジする。次の時代を考えワインの醸造を開始しました。酒蔵に隣接する自社畑で欧州系葡萄品種を栽培しています。ワインは水戸市内の自社レストランでのみ飲むことができます。

オフィシャルHP:
http://www.kodawari.cc/

八千代ワインチャレンジ会
八千代ワインチャレンジ会

「地域活性化のため町に新たな特産品を」という目的で立ち上がった団体。高齢化で使われなくなった梨畑などを活用し葡萄を育てております。

オフィシャルHP:
http://www.daisuki-ibaraki.jp/nature/furusato-jiman/west/yachiyo-wine.html

檜山酒造株式会社
檜山酒造株式会社

水戸光圀公の隠居地「西山荘」がある常陸太田市。
そこで檜山酒造株式会社は日本酒、焼酎、そしてワインを造っています。
自社農園産の小公子やブラック・ペガールなどの山葡萄交配品種、
常陸太田市特産の巨峰を原料にしたワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.hiyama.co.jp/

つくばワイナリー
つくばワイナリー

太平洋からミネラルを含んだ風が吹き通気性を良くし、水はけの良い環境は葡萄栽培に適しています。独自の交配品種を使用して丁寧にワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://tsukuba-winery.kadoya-company.com/

全域

NASU WINE 渡邊葡萄園醸造
NASU WINE 渡邊葡萄園醸造

創業当初から日本伝統品種のマスカット・ベーリーAやアメリカ系生食品種のナイアガラなどを大切に育てています。またカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなどのフランス系品種にも力を入れています。

オフィシャルHP:
http://nasuwine.com/index.html

鳳鸞 那須の原ワイナリー
鳳鸞 那須の原ワイナリー

那須野ヶ原は明治期に葡萄栽培やワイン醸造が盛んに行われていました。この地に再びワイン醸造を復活させるため2000年に本格的なワイン造りを開始しました。

オフィシャルHP:
http://www.horan.co.jp/wine.htm

ココ・ファーム・ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー

1950年代に特殊学級の生徒たちとその担任によって山の急斜面に葡萄畑が開墾されました。除草剤や化学肥料を使用しないこの葡萄畑の麓にあるココ・ファーム・ワイナリーでは、野性酵母を中心に醗酵がおこなわれ、自然に寄り添ってワインが造られています。


オフィシャルHP:
http://cocowine.com/

Cfa Backyard Winery
Cfa Backyard Winery

足利市で清涼飲料水を製造する会社の工場内に造られた小さな醸造所。“温暖湿潤気候帯に適応したワインの有り様を示す「日本化」”をミッションとしています。

オフィシャルHP:
http://winemaker.jp/

全域

奥利根ワイン株式会社

“カリフォルニアのブティックワイナリーが私たちの夢”ワインの品質を確かめられるテイスティングルーム。地元の食材を提供するレストランなどが併設されています。

オフィシャルHP:
http://www.oze.co.jp/index.html

塚田農園
塚田農園

“群馬の地ワイン「赤城ワイン」をはじめとして、さまざまなフルーツを使用したワインもたくさん取り揃えております。

オフィシャルHP:
http://www.tsukada-wine.jp/

しんとうワイナリー
しんとうワイナリー

葡萄が特産の榛東村にあるしんとうワイナリー。工場見学や試飲コーナーがあるので観光地としても見どころがあります。

オフィシャルHP:
http://www.vill.shinto.gunma.jp/sisetu/sisetu04.htm

全域

有限会社秩父ワイン
有限会社秩父ワイン

“お天道様作ったぶどうを発酵させて、よく寝かせた、健康なワインを造る”という、初代の信念を受け継ぐワイナリー。ワインは初代源作の名前から「源作印ワイン」と名付けられています。

オフィシャルHP:
http://www.sainojizake.com/gensaku.html

麻原酒造株式会社
麻原酒造株式会社

埼玉県産の葡萄を使用して醸造した「ムサシノシリーズ」。他にもロゼワインやスパークリングワインを造っています。

オフィシャルHP:
http://www.musashino-asahara.jp/

酒のおぎはら
酒のおぎはら

埼玉県新座にある酒屋がオリジナルワイン「野火止わいん」を造っています。新座産の巨峰100%のワインはファンから愛され続けています。

オフィシャルHP:
http://r.goope.jp/sakeno-ogihara

有限会社秩父ワイナリー シャトー秩父

秩父地方はドイツのライン川流域に類似した風土といわれています。秩父の完熟葡萄を100%使用し丁寧なワイン造りをしています。

オフィシャルHP:
http://www.yao.co.jp/chichibunishiki/top.htm

全域

齊藤ぶどう園
齊藤ぶどう園

昭和5年に葡萄畑を開墾したのが始まり。生食用の葡萄や交配品種ヤマ・ソーヴィニヨン、フランス系品種カベルネ・ソーヴィニヨンなどの栽培をしています。

オフィシャルHP:
http://www.saito-winery.com/

全域

東京ワイナリー
東京ワイナリー

東京練馬区大泉学園で果実酒醸造免許を取得し東京初となるワイナリーでワイン造りを始めました!都心の人たちが気軽に訪れることができる小さなワイナリーでは、ワインの醸造を見ることができたり、東京の野菜との食べ合わせを楽しんだりでき、美味しいワインで楽しいひとときを提供できるワイナリーを目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.wine.tokyo.jp/

全域

追浜ワイナリー
追浜ワイナリー

商店街の空き店舗の活用でまちおこしのきっかけになればと、2005年にワインの醸造を開始しました。

オフィシャルHP:
http://www.oppama-town.com/wine/

 

全域

太田ぶどう園 琵琶湖ワイナリー
太田ぶどう園 琵琶湖ワイナリー

昭和19年に栗東町の広大な荒地を開拓。
欧州系葡萄を除草剤なしの有機栽培で育てています。

オフィシャルHP:
http://www.biwa.ne.jp/~rittosci/shops/wine.html

株式会社ヒトミワイナリー
株式会社ヒトミワイナリー

ろ過を一切しない「にごりワイン」の専門メーカーです。原料は自社農園または契約栽培の、国産生葡萄を100%使用しています。



オフィシャルHP:
http://www.nigoriwine.jp/

全域

丹波ワイン株式会社
丹波ワイン株式会社

ワインへの思いは“和食にあうワイン作り”“日常の食生活を含んだ楽しいコミュニケーションを”“ヨーロッパ文化を尊重し、日本文化を世界に発信”の三つです。

オフィシャルHP:
http://www.tambawine.co.jp/

天橋立ワイン株式会社
天橋立ワイン株式会社

地元の堆肥、天橋立産のカキの貝殻などを使用して自然栽培に近い土づくりを行いました。
純国産葡萄をフレッシュさを保つため非加熱処理でワインを醸造しています。

オフィシャルHP:
http://www.amanohashidate.org/wein/

全域

島之内フジマル醸造所
島之内フジマル醸造所

“ワインを日常にする”が夢。
畑とワインと人間を繋げるためお客様が訪問しやすいワイナリーを造りました

オフィシャルHP:
http://www.papilles.net/winemaking/shimanouchi/index.html

飛鳥ワイン株式会社
飛鳥ワイン株式会社

“自社農園、契約農園の農家の皆様の協力を得てぶどう栽培をしています。
一房一房に愛情を込めてぶどうを育てています。”

オフィシャルHP:
http://www.asukawine.co.jp/

株式会社河内ワイン
株式会社河内ワイン

明治中期に羽曳野で葡萄栽培が始まります。昭和になると農業振興策としてワイン造りを提案、実施。河内産100%使用のワインを造り、大阪の地ワインの知名度を広げていきました。

オフィシャルHP:
http://www.kawachi-wine.co.jp/index.html

カタシモワインフード株式会社 柏原ワイン
カタシモワインフード株式会社 柏原ワイン

明治初期に葡萄栽培のため河内堅下に開墾、大正時代に前身となるカタシモ洋酒醸造所を設立されました。
ワイナリーの見学やテイスティングもできます。

オフィシャルHP:
http://www.kashiwara-wine.com/

仲村わいん工房
仲村わいん工房

“手をかければかけるだけいい葡萄ができる”
葡萄の栽培からラベル貼りまですべて自家でおこなっています。

オフィシャルHP:
http://www.nakamura-wine.jp/

比賣比古ワイナリー 株式会社ナチュラルファーム・グレープアンドワイン
比賣比古ワイナリー 株式会社ナチュラルファーム・グレープアンドワイン

大阪の土で育った葡萄を、大阪で醸造するワイナリー。自家農園収穫葡萄にこだわり素晴らしいワイン造りとワイン農業を目指しています。

オフィシャルHP:
http://www.n-farms.com/

全域

一般財団法人 神戸みのりの公社 神戸ワイナリー
一般財団法人 神戸みのりの公社 神戸ワイナリー

瀬戸内は雨が少なく、日当たり、水はけ共に優れているため良質な葡萄が育ちます。
神戸にワイン用ブドウが植栽されてから30年を超え、年々凝縮されるブドウの旨味と香りが増してきています。

オフィシャルHP:
http://www.kobewinery.or.jp/

全域

現在この地方に登録はありません。情報があればご紹介ください。

全域

和歌山ワイナリー

“有田地域は地質および気候面からもワイン用ぶどう栽培に恵まれた土地であり栽培適地です。山の高低差によって生じる寒暖の差や水はけのよさなども好条件となっています。この地における自然の営みに敬意をはらい、ぶどう自らが持つ生命力を尊重した、持続性のある栽培を実践します。”

オフィシャルHP:
http://wakayama-wine.jp/

Map‐地域で探す‐ Creator‐造り手で探す‐
Winary‐ワイナリーで探す‐ 葡萄名で探す‐で探す‐